脱毛したいけど紫外線アレルギーだから出来ない?脱毛の光と紫外線の違いとは?

脱毛したいけど紫外線アレルギーだから出来ない?脱毛の光と紫外線の違いとは?

アレルギーの中でも、かなり厄介なのが日差しを浴びるとじんましんや痒みが発症する紫外線アレルギーです。

 

このアレルギーは紫外線がアレルゲンとなるので、普段から日に当たらないように注意しなくてはいけません。

 

では、紫外線アレルギーだと脱毛できないのでしょうか。

 

紫外線アレルギーでも脱毛は可能

 

施術の主流は、メラニン色素に反応させる光脱毛や医療レーザー脱毛です。

 

メラニン色素と言えば紫外線を連想しますね。

 

そのため紫外線アレルギーだと脱毛出来ないと思ってしまいますが、基本的に脱毛で使用する光には紫外線は含まれません。

 

光脱毛の光は可視光線、出力レベルが高い医療用レーザーの光の種類は赤外線で紫外線ではありません。

 

ですので、紫外線アレルギーであっても脱毛はできます。

 

ただいくら紫外線が含まれていないとしても、必ず事前にテスト照射をしましょう。

 

紫外線アレルギーの方は、肌の機能が極端に弱くなっていることがあり、紫外線を含まない光であってもトラブルが起こる可能性があります。

 

また、紫外線アレルギーと告げたのにテスト照射をしないお店は信用できません。

 

脱毛をする場合は、お店側の安全面への意識の高さも重要ですから、テスト照射で安全確認をしてくれるお店を選びましょう。

 

脱毛で使用する光と紫外線の違い

 

光と一口に言っても、実はいろいろな種類があります。

 

  • 光脱毛で使用する可視光線
  • 医療レーザーで使われる赤外線
  • レントゲン撮影などで使われるX線
  • 発がん性があると言われるガンマ線
  • 日差しに含まれる紫外線

 

このように、同じ光でもたくさんの種類があるのですが、このように種類が分かれるのは波長が違うからです。

 

波長の長さによって、光の種類や働きには違いがあるのですね。

 

紫外線にも波長の長さで種類が分けられますが、波長が長く皮膚の奥まで浸透します。

 

可視光線や赤外線は波長が短く、皮膚の浅い部分までしか浸透しません。

 

またどちらも人体への悪影響は確認されていませんから、安心して脱毛の施術が受けられます。

 

結論としては紫外線アレルギーでも脱毛できますが、どこで施術を受けるにしても必ずテスト照射で安全確認することを忘れないでください。

SHR脱毛