SHR脱毛のあとに痒みが出る理由と対処法とは?

SHR脱毛のあとに痒みが出る理由と対処法とは?

SHR脱毛は、肌への刺激がもっとも少ないと言われる脱毛法です。

 

痒み

 

それでもSHR脱毛のあとに痒みが出る、と言う口コミを見かけることがあります。

 

なぜ、肌に優しいSHR脱毛で痒みが出るのか、その理由と対処法を見ていきましょう。

 

痒みが出る理由

 

SHR脱毛は、光を高速連射して肌の内部に低い熱を蓄積される蓄熱方式の脱毛法です。

 

施術によって発生する熱は、一般的に高熱と言われるIPL脱毛よりもかなり低いです。

 

蓄熱といっても、高熱を蓄積するわけではないので、強い刺激を与えることはありません。

 

ですが肌の状態によっては、人肌程度の低い熱であっても、施術部位が熱くなることで刺激を受けてしまいます。

 

人よりも肌が敏感だったり乾燥肌だったりすると、刺激が原因で炎症が起こり痒くなることがあるのです。

 

また、普通肌の人でも洋服の摩擦によって刺激が与えてしまうと痒みが起こるので注意しましょう。

 

痒みが出た時の対処法

 

SHR脱毛による痒みは一時的なものですから、心配する必要はありません。

 

しかし、脱毛のダメージは出来るだけ早く対処したいですね。

 

まずはしっかり冷やすことが重要です。

 

この時、保冷剤などで冷やすと血行が悪くなってしまうので、冷たく冷やしたタオルを当ててください。

 

冷やしタオルは何枚が用意して、タオルが温かくなったら取り替えるのがおすすめです。

 

しっかり冷やしたら、低刺激のローションで保湿をしましょう。

 

保湿をすることで肌の回復力を高めながら、水分保持をサポートして痒みを取り除けます。

 

ローションはすぐに乾いてしまうので、肌がしっとり落ち着くまで繰り返し塗るのが、痒みを早く取り除くポイントです。

 

また、施術後は肌が敏感になっていますから、摩擦が起こりやすい洋服は避けて、紫外線対策も忘れずに行いましょう。

 

脱毛による肌のダメージを避けるために、SHR脱毛を検討している方からすると、痒みが出るのは不安かもしれませんね。

 

ですが、きちんと対処すればトラブルが起こることはないので、安心してチャレンジしてみてください。

SHR脱毛