ルミクスツインなら痛みはないのか・受けるメリットデメリットとは?

ルミクスツインなら痛みはないのか・受けるメリットデメリットとは?

脱毛の痛みに不安があるという方に注目されているのが、ルミクスツインという脱毛器です。

 

SHR脱毛のメニューがあるお店で導入されているルミクスツインは、ムダ毛のメラニン色素に反応するのではなく、バルジ領域に作用する新しい脱毛法です。

 

本当にルミクスツインなら痛みはないのか、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

ルミクスツインのメリット

 

ムダ毛が伸びるのは、毛根組織にある毛母細胞が分裂するからです。

 

分裂に関わっているのが、バルジ領域にある発毛指令を出す毛包細胞です。

 

ルミクスツインはこの細胞にダメージを与えることで、発毛をストップさせるメカニズムとなっています。

 

バルジ領域は毛根組織よりも皮膚に近いため、低い熱量でもダメージを与えられるので痛みがありません。

 

これが最大のメリットですが、もう一つ、短期間で施術を受けられるというメリットもあります。

 

ルミクスツインの脱毛法は、ムダ毛の成長サイクルが関係ないので、1ヶ月に1回の施術を受けることが可能です。

 

光脱毛などは毛周期に合わせて施術を行うため、約3ヶ月に1回の施術になりますから、全身脱毛だと2年ほどかかります。

 

しかしルミクスツインなら最短6ヶ月で完了するので、長期間通う必要がないというメリットもあるのですね。

 

ルミクスツインのデメリット

 

痛みがない上に、短期間で脱毛が完了出来るというメリットだらけのルミクスツインですが、1つだけデメリットがあります。

 

最新の脱毛法なだけに、効果の持続性が立証されていないということです。

 

もちろん脱毛効果は認められていますし、ある程度の持続性も認証されています。

 

しかし美容機器認証を取得してから日が浅く、実績に関しても光脱毛と比較するとまだまだ少ないのが実情です。

 

10年や20年先のムダ毛の再発毛に関しては、完璧なデータが取れていません。

 

つまり脱毛が完了したとしてもまた生えてくる可能性がゼロではない、というのがデメリットなのです。

 

痛みがないのは大きな魅力的ですが、ルミクスツインの脱毛効果がどれぐらい持つのかは未知数なので、その点をしっかり理解して検討してください。

SHR脱毛