埋没毛はなぜ発生するの?治し方と予防する方法とは?

埋没毛はなぜ発生するの?治し方と予防する方法とは?

ムダ毛の自己処理によるトラブルの中でも、一番厄介なのが埋没毛です。

 

皮膚の下でムダ毛がとぐろを巻いたような状態になる埋没毛は、放っておくと炎症が起こることもあります。

 

見た目も悪い埋没毛はなぜ発生するのか、その原因と治し方、そして予防する方法についてご説明します。

 

埋没毛の原因

 

カミソリや毛抜きでムダ毛を自己処理すると、目では分からないのですが毛穴部分の皮膚が裂けてしまうことがあります

 

皮膚が傷つくと、自然治癒力が働いて修復を行います。

 

修復の過程で起こりやすいのが、皮膚の癒着です。

 

皮膚がすべて癒着してしまうと毛穴が塞がれてしまうため、成長してきたムダ毛が出口を失い皮膚の下で成長していきます。

 

これが埋没毛の原因です。

 

埋没毛はどうやって治す?

 

皮膚のすぐ下に埋まっている埋没毛は、毛抜きなどで皮膚をほじくれば取れます。

 

もっとも手軽な対策法ですが、同時に感染症のリスクや埋没毛の再発を高める危険な対策法でもあります。

 

ですので無理に掻き出すのではなく、ピーリングでターンオーバーを促しながら自然に排出されるのを待つのが正解です。

 

ケミカルピーリングで角質をケアしていけば、ターンオーバーが促進されて埋没毛が表面に出てきます。

 

時間はかかりますが、この方法がもっとも安全な治し方です。

 

すぐにどうにかしたい、という場合は皮膚科で適切な処置をしてもらいましょう。

 

埋没毛を予防する方法

 

埋没毛を予防するには、ムダ毛の自己処理を止めるしかありません。

 

自己処理はどんな方法であっても皮膚を傷つける可能性があるので、埋没毛を予防することはできないのです。

 

一度埋没毛ができた部分は、治っても再発することが多いです。

 

ですのですべての自己処理を止めるのが難しい場合でも、埋没毛ができた部分だけは脱毛サロンなどで処理をしてもらうのが予防方法になります。

 

埋没毛ができるということは、自分が行っているムダ毛処理方法が間違っている証拠です。

 

それを無視して自己処理を続けると、肌トラブルだけではなく老化も促進されてしまうので、いつまでも健康で美しい肌を保つには脱毛をするのがおすすめです。

SHR脱毛