脱毛サロンやクリニックで途中キャンセルやクーリングオフは認められる?

脱毛サロンやクリニックで途中キャンセルやクーリングオフは認められる?

脱毛サロンやクリニックで契約をしても、何等かの理由で解約をしなくてはいけなくなることもあります。そうなった場合、「途中キャンセル」や「クーリングオフ」は認められるのでしょうか。

 

途中キャンセルについては契約前に確認

 

都度払いや月額定額制などでの契約であれば、キャンセルはいつでもできます。ただし、月額制の場合はキャンセルのタイミングによって1ヶ月分の料金を支払う必要があります。

 

ですが基本的に違約金や解約手数料などはないですし、それがこういった料金システムの魅力です。しかし回数で契約するコースやローン契約をしている場合は、手続きをしなくてはいけません。

 

料金が返ってこない場合

 

ここで注意したいのが、キャンセルをしたからといって今まで支払った料金が返ってくるわけではないということです。契約にはキャンセルの項目があり、途中キャンセルした場合、どのような対応になるかが明記されています

 

これをきちんと確認しておかないと、通っている期間によっては損をすることもあるので、契約前に確認するようにしてください。

 

クーリングオフは認められる?

 

クーリングオフに関しては法令で定められているので、脱毛サロンの契約に関係なくできますから心配いりません。ただし、クーリングオフ適用条件と期限があるので確認しておきましょう。

 

まず適用条件ですが以下が契約対象となります。

 

  • 契約金額が5万円以上
  • 契約期間が1ヶ月超えている

 

チケット制や回数制の場合、有効期限やサービス提供期間が契約期間とみなされるので、文言は関係ありません。次に気をつけたいのはクーリングオフができる期間です。

 

脱毛サロンなどのクーリングオフ期間は、契約書を受け取った日から8日間となっています。書面がお店に届くのは8日過ぎても大丈夫なのですが、送付したことを証明できるように内容証明郵便や簡易書留などで郵送してください。

 

キャンセルなどに関しては不安もあるでしょう。ですが基本的に大手の脱毛サロンやクリニックではスムーズに手続きができるので、心配しなくても大丈夫です。

SHR脱毛