家庭用脱毛器の注意点|使用方法や効果、ランニングコスト

家庭用脱毛器の注意点|使用方法や効果、ランニングコスト

家庭用脱毛はハイスペックなものも多く、脱毛サロンと同じぐらいの効果が得られるものもあると言われています。

 

ただし、家庭用だからといって安全性が100%確保されているわけではありません。

 

効果やランニングコストも思っていたのと違う、ということもあるので注意点を確認しておきましょう。

 

誰でも簡単に使える?

 

家庭用脱毛器は、極端に言うと誰でも使えるように設計されています。

 

ただし説明書をきちんと読んでおかないと、間違った使い方をしてしまうことがあります。

 

特に注意したいのは、脱毛器自体ではなく脱毛前後の行動です。

 

  • 日焼けをしていないこと
  • 脱毛後は入浴をしない
  • 脱毛をしたら保湿ケアを徹底する

 

こういったことを守らないと肌トラブルが起こることもあります。

 

脱毛器を使うときの注意事項は説明書に記載されているので、必ず読んでから使いましょう。

 

本当に脱毛サロンと同じ効果があるの?

 

最近の家庭用脱毛器は性能がよくなっていますが、これは以前の機種との比較です。

 

家庭用脱毛器が進化するのと同じように、脱毛サロンの脱毛器も進化をしています。

 

ですので、残念ながら同じ効果があるというのは誇大広告と言えます。

 

家庭用脱毛器は、初めて使う人でも安全に使えるように設計されています。

 

一方、業務用脱毛器はきちんと技術訓練を行ったスタッフが使用するものです。

 

それだけスペックには差があるので、脱毛サロンよりは効果が劣ると思っておきましょう。

 

使えば使うほどお金がかかる?

 

家庭用脱毛器であれば、好きな時に好きなだけ脱毛できます。

 

ただし、光脱毛器で使用するフラッシュは消耗品です。

 

フラッシュは使った分消費されますから、使えば使うほど買い替えの頻度が高くなります。

 

また脱毛効果は脱毛サロンよりも低いので、お店で行う施術よりもたくさん照射しなくてはいけません。

 

家庭用脱毛器は脱毛サロンよりコスパがよいと言われていますが、むだ毛の量や毛質によっては高くついてしまうので注意してください。

 

家庭用脱毛器の注意点をご紹介しましたが、基本的に説明書通り使えば安全です。

 

ただ効果やコストは脱毛サロンと同じということはないので、その点だけ理解しておいてください。

SHR脱毛