家庭用脱毛器でヤケドのトラブルも?使用する場合の注意点

家庭用脱毛器でヤケドのトラブルも?使用する場合の注意点

極端に言うと、家庭用脱毛器は説明書を読まない人でも使えるように設計されています。

 

もちろん説明書をきちんと読むのは、安全に使用するために必須ですが、販売会社はそれを確認することはできません。

 

誰でも安全に使えるようになっているのですが、それでもトラブルが起こる可能性があるので注意点をチェックしてみましょう。

 

日焼けをした肌には使わない

 

家庭用脱毛器は、黒いムダ毛のメラニン色素に反応させて熱を作り出します。

 

ですので日焼けをしてメラニン色素が生成されている状態の肌に照射すると、肌自体にも熱が発生してしまいます。

 

見た目的にそこまで日焼けしていないとしても、紫外線を浴びた肌にはメラニン色素が作られています。

 

この状態で家庭用脱毛器を使ったら、肌の炎症が起こったりやけどをする可能性があるので、日焼けした肌には使ってはいけません。

 

徹底的に保湿をする

 

脱毛サロンで使用する脱毛器と比べると、家庭用脱毛器は出力レベルが低いので、使用した後に熱がこもった感じはしないでしょう。

 

ですがムダ毛にダメージを与える熱が加えられているのは脱毛サロンと同じです。

 

つまり肌の内部には熱が残った状態になるので、水分が失われてしまいます。

 

しっかり保湿をしないと、水分が蒸発したまま乾燥してしまうので肌トラブルが起こりやすくなります。

 

肌荒れの時には脱毛しない

 

出力レベルが低い家庭用脱毛器は、肌へのダメージが少ないのがメリットです。

 

しかしいくらダメージが少なくても、肌荒れをしているときに脱毛をすると大きな負担をかけてしまいます。

 

その負担のせいで肌トラブルが起こったり、乾燥肌や敏感肌になってしまうこともあります。

 

脱毛は肌が健康な状態で行うのが基本ですから、肌荒れをしているときには絶対に脱毛しないのが鉄則です。

 

家庭用脱毛器は簡単に使えるので、説明書を読むのが面倒と思うかもしれません。

 

しかし機種によって使い方は異なりますし、肌への影響も違います。

 

ですので使い方が分かるとしても、最初にきちんと説明書を読んでトラブルを起こさないようにしてくださいね。

SHR脱毛