脱毛サロンで勧誘されるのがイヤな人にアドバイスとは?

脱毛サロンで勧誘されるのがイヤな人にアドバイスとは?

脱毛サロンのキャンペーンや無料カウンセリングを利用してみたい、と思っても勧誘が不安と言う方は少なくないようです。

 

お断りサイン

 

勧誘されるのがイヤな人は、3つのアドバイスを参考にしてみてください。

 

勧誘なしと明記しているかチェック

 

今は行政の指導もありますし、強引に契約をとってもクーリングオフの制度があるため、しつこく勧誘することはありません。

 

と言っても、いまだに勧誘を行っているお店があるのも事実です。

 

そこでチェックしておきたいのが、勧誘なしと明記しているかどうかです。

 

公式サイトを見ると、勧誘しませんと言い切っているお店があります。

 

公式サイトに明記してあれば、しつこい勧誘は絶対にありませんから、安心してカウンセリングを受けてください。

 

家族の承諾が必要だと言い切る

 

脱毛サロンもお仕事ですから、カウンセリングではコース説明がありますし、契約の意志を尋ねられます。

 

こういったとき、はっきり断るのが苦手と言う方は、家族に相談しなければいけないと伝えましょう。

 

契約の決定権が本人になければ、どんなにしつこく勧めてもムダというのはスタッフも知っています。

 

断り文句と分かっていても、もしかしたら後日契約になるかもしれない、という気持ちもあるので態度が豹変することもありません。

 

家族の承諾が必要というのは、角が立たない断り方なのでおすすめです。

 

NGな断り方

 

はっきり断れると言う方でも、断り方によっては営業トークが広がるので注意してください。

 

NGな断り方の例を挙げてみましょう。

 

  • お金がないから
  • 興味はあるけどまた今度
  • 忙しいので通えない

 

こういった断り方に対しては、脱毛サロンでもマニュアルができています。

 

お金がなくても安いプランがある、興味があるならキャンペーン中の今がお得、というように断る理由をなくしてきます。

 

ですので、今は契約できないという断り方がベストです。

 

勧誘は、脱毛サロンだけではなくどのような販売業でも行われています。

 

プランの提案や料金説明はカウンセリングの一貫ですから、身構える必要はありません。

 

普通のお店であれば断って終わりですから、勧誘に対して神経質にならず気軽にカウンセリングを受けてみるといいですね。

SHR脱毛