ハイパースキン脱毛が従来の脱毛と違うところ5選とは?

ハイパースキン脱毛が従来の脱毛と違うところ5選とは?

新しい脱毛法として注目されているのがハイパースキン脱毛です。

 

ここでは、ハイパースキン脱毛が従来の脱毛とどのように違うのかをご説明します。

 

脱毛のメカニズム

 

従来の脱毛法は、ムダ毛の毛根に高熱を与えることで発毛機能を破壊するメカニズムです。

 

しかしハイパースキン脱毛は、毛の種と言われる発毛因子に熱を与えます。

 

発毛因子の機能が働かなくなればムダ毛が成長しなくなるので、結果的に脱毛効果が得られるのですね。

 

照射温度

 

光脱毛や医療脱毛では、ムダ毛に高熱を発生させるために高い出力レベルの光を照射します。

 

そのため、一時的ですが約70〜200度の照射温度が発生します。

 

一方ハイパースキン脱毛は、体温より少し高い38度ほどの照射温度で施術が可能となっています。

 

施術を受けるペース

 

従来の脱毛とハイパースキン脱毛は施術ペースも違います。

 

  • ハイパースキン脱毛は最短で2週間に1回受けられる
  • 従来の脱毛は毛周期に合わせるため2ヶ月から3ヶ月に1回

 

このようにペースが異なるので、脱毛完了までの期間もハイパースキン脱毛の方が短くなります。

 

施術時の痛み

 

光脱毛や医療脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に光を吸収させて高い熱を発生させます。

 

ムダ毛が熱くなれば、その周りの皮膚にも熱が伝わるので施術時には強い痛みがあり、人によっては我慢できず脱毛が続けられないこともあります。

 

ハイパースキン脱毛はムダ毛に熱を発生させる脱毛ではなく、バルジ領域に熱を与えて発毛機能を低下させます。

 

バルジ領域は皮膚から近いところにあるので、低熱でも十分にダメージを与えられますから施術で痛みを感じることはありません。

 

施術のタイミング

 

メラニン色素に光を吸収させて熱に変換させる従来の脱毛では、成長期のタイミングで施術を行います。

 

ハイパースキン脱毛は、発毛を予防して脱毛を行うので休止期のムダ毛に働きかけます。

 

体毛の約2/3は休止期ですから、そのタイミングで施術ができるハイパースキン脱毛は従来の脱毛よりも早く効果が得られるのです。

 

他にも美肌効果が高い、産毛脱毛にも効果的などいろいろな違いがあります。

 

ですので興味がある方は、無料カウンセリングでハイパースキン脱毛のさまざまなメリットを教えてもらうといいですね。

SHR脱毛