永久脱毛の定義とは?脱毛サロンでは永久脱毛の文言を使えないのか?

永久脱毛の定義とは?脱毛サロンでは永久脱毛の文言を使えないのか?

お金をかけて脱毛するのであれば、永久脱毛の効果を期待するのも当然です。

 

ただし、一般的な永久脱毛の捉え方と永久脱毛の定義には違いがあります。

 

永久脱毛の定義と仕組みを理解すれば、脱毛サロンが永久脱毛の文言を使えないのも理解できるようになります。

 

永久脱毛の定義とは

 

永久脱毛の定義は、脱毛の先進国であるアメリカの2つの団体によって定められています。

 

米国電気脱毛協会では、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下の状態」と定義付けています。

 

FDAでは、「3回照射後、6ヶ月経過した時点で2/3以上の毛が減っている状態」としています。

 

文章で見ると分かりづらいかもしれませんね。

 

ものすごく簡単に言うと、脱毛した部分のムダ毛が2割ほど減っていて、その状態が1ヶ月から半年ほど続いているのが永久脱毛なのです。

 

一般的には、完全にムダ毛がなくなってツルツルの状態がずっと続く、というのが永久脱毛のイメージです。

 

ですが、実際の定義は「ほとんどのムダ毛がない状態」であり、それがずっと続くということは定義されていないのです。

 

永久脱毛が認められている脱毛法は?

 

永久脱毛の定義を具現化するには、レーザーで毛根組織を破壊しなくてはいけません。

 

正確には毛根を破壊するのではなく、たんぱく変性によって毛が成長するスペースを無くしてしまう施術が必要になります。

 

これは医療行為に当たるため、医療機関での脱毛しか永久脱毛効果がないのです。

 

永久脱毛効果が認められている脱毛法は2つあります。

 

  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

 

つまり、これ以外の脱毛法は永久脱毛効果が認められていないのです。

 

脱毛サロンやエステサロンの脱毛法は、IPL脱毛やSSC脱毛、当サイトでおススメしているSHR脱毛、あとはプラズマ脱毛などの光脱毛です。

 

光脱毛の波長の出力レベルでは、毛根を破壊することはできません。

 

そもそも脱毛サロンのスタッフは医療資格を持ってませんから、毛根組織を破壊する行為は違法になってしまいます。

 

こういった理由から、脱毛サロンでは永久脱毛の文言を使えないのですね。

 

ただし永久脱毛の定義があるとしても、脱毛サロンの施術の効果がないということではありません。

 

効果には個人差があるため定義が決まっているとも言えるので、脱毛実績や評価で脱毛方法を選びましょう。

SHR脱毛