レーザーや光を照射すると毛根に高熱が発生する仕組みとは?

レーザーや光を照射すると毛根に高熱が発生する仕組みとは?

レーザー脱毛や光脱毛では、毛根に高熱を発生させることで脱毛効果を生み出しています。ですが、光線を当てるだけでなぜ熱が発生するのか、その仕組みを見てみましょう。

 

高熱が発生する仕組み

 

脱毛の施術で使用されるレーザーや光は、ムダ毛の黒い色に反応する特殊な波長を使っています。黒いメラニン色素に波長が反応すると、ムダ毛に吸収されて熱を溜め込んでいきます。

 

例えば、黒いものに太陽光が当たり続けると、夏場などは触れないほど熱くなりますね。ちょっと仕組みは異なりますが、レーザーや光がメラニン色素に反応すると、これと同じような状態になるのです。

 

ムダ毛に溜まった熱は、そのまま毛根部分まで伝わっていくため、レーザーや光を照射すると高熱が発生するのです。レーザーや光の波長は、黒い色が濃ければ濃いほど反応が強くなります。

 

逆に、色素の薄いものには反応しにくくなる、もしくは反応しない性質を持っています。ですので肌に照射しても、肌自体が高熱になることはありませんから、安全に脱毛の施術が行えるのです。

 

レーザーと光の効果の違い

 

レーザーはクリニックなど医療機関で使用する医療レーザー脱毛器で使用する光です。光というのは、脱毛サロンなどで使用する脱毛器で使われる普通の光です。どちらも熱を発生させる波長で、高熱によって毛根にダメージを与える施術を行います

 

温度と熱が違ってくる

 

ただし、同じ仕組みであっても脱毛効果は異なります。毛根に発生させる熱は、波長の出力レベルによって温度が違うのです。出力レベルが低ければ温度も低くなりますし、出力レベルが高ければより高い熱が発生します。

 

レーザーは光よりも出力レベルが高いので、光を照射するよりも高熱を発生させることが可能です。熱が高ければその分与えるダメージも大きくなりますから、結果的にレーザーの方が光よりも優れた脱毛効果が得られるのです。

 

レーザーも光も、即効性のある脱毛法ではありません。定期的に照射を続けることで毛根を弱らせて、最終的にすべてのムダ毛を脱毛していきます。ただし施術完了まではレーザーの方が早いので、早く終わらせたい方はレーザー脱毛がおすすめです。

SHR脱毛