美容電気脱毛の歴史や方法、メリットとデメリットとは?

美容電気脱毛の歴史や方法、メリットとデメリットとは?

脱毛法といえば光脱毛や医療レーザー脱毛がスタンダードですが、一昔前は美容電気脱毛がメジャーでした。

 

美容電気脱毛

 

1本ずつ施術を行うこの脱毛法は、は脱毛効果が一番高いと言われています。

 

そんな美容電気脱毛の歴史や方法、メリットやデメリットを見ていきましょう。

 

美容電気脱毛とは

 

美容電気脱毛はニードル脱毛とも呼ばれる脱毛法で、150年以上の歴史を持っています。

 

アメリカで開発された美容電気脱毛ですが、最初は逆さまつげを除去するために使われていました。

 

そして、ムダ毛の脱毛の需要の高まりに合わせて、体や顔にも使えるように改良され現在に至っています。

 

美容電気脱毛では、ニードルという特殊なコーティングを施した「」を使います。

 

この極細の針を毛穴に通し、そこに微弱な電流を流して毛根をダイレクトに破壊します。

 

光脱毛なども熱によって毛根を破壊しますが、美容電気脱毛は針先で直接毛根にダメージを与えることができます。

 

そのため、施術をするとすぐに毛が抜け落ちる上に、完全に毛根を破壊することで再生を防ぐ効果を同時に得られます。

 

美容電気脱毛のメリットとデメリット

 

美容電気脱毛には、永久脱毛効果が認められています。これは脱毛をする上で最大のメリットと言えるでしょう。

 

1本ずつ施術を行うので、処理ムラができることもありませんし、うぶ毛なども綺麗に脱毛出来ることもメリットです。

 

ただし、美容電気脱毛にはかなり大きなデメリットがあります。1つはとにかく痛みが強いことです。

 

針を直接毛穴に刺す上に、微弱であっても電流を流して毛根を破壊するのですから、ものすごい痛みが起こります。

 

人によっては我慢できないほどの痛みなので、施術が続けられないこともあります。

 

もう1つは、料金が高額ということです。

 

美容電気脱毛はムダ毛を1本1本脱毛していく、とても手間暇がかかる脱毛法ですから、その分料金が高くなります。

 

さらに特別な技術を必要とする施術なので、施術者への技術料も入るため、高額な費用がかかるデメリットがあるのです。

 

永久脱毛というのは、脱毛する方にとってはとても魅力的かもしれません。

 

しかし、いくら永久脱毛効果があるとしても、デメリットもありますからきちんと考慮した上で検討しましょう。

SHR脱毛